ハウスクリーニングを開業する秘訣|低予算でできる

持ち運べるレジ

タブレット

導入コストが低い

一般消費者を顧客としている業種では、現金による売上代金のやり取りが発生します。売上登録にはレジを用いることが多く、インクカートリッジ式の機種であればリサイクルショップに中古品が出回ることもあります。しかし売上分析を行うのならばposレジを導入したいところです。posとはpoint of salesの略称で、直訳すると「売上の時点」という意味になります。実態は売上情報を効率的に収集し、必要な時にデータを取り出せる仕組みです。posシステムの情報収集端末としてposレジがあるのです。当初posシステムは、一店舗内で複数台のレジが使用されるケースや、チェーン展開する店舗の情報を本社に集約することを想定して開発されていました。しかし高機能、大型化するほど価格は高くなり、個人経営の会社で利用するにはコストがかさむことが難点です。そこで新たに発案されたのがタブレットを利用したposシステムです。従来のposレジは簡単に持ち運びができるものではありません。ところがタブレットはLANケーブルがなくてもインターネットに接続することが可能です。posアプリをダウンロードして任意の場所でレジとして機能させることができるのです。レジ機能を使用しないときには写真や動画を用いた商品説明に活用できます。現在では薄型タブレットも手頃な価格で手に入れることができます。導入コストを低く抑えられる点がタブレットposの魅力です。